■2011.10

日めくり 2011年10月(平成23年)         


2011.10.01 手運び

野球でサボってしまい、すっかり日程が押してしまった引越し作業。
しかしガスの立ち合いをするのが午前10時から正午までに間。
鍵交換は15時から17時までの間に来る。
宅配便の再配達は19時から21時の間。
結局ずっと待機していなければならず、一日中「間」って奴に翻弄された。
どうして彼らはピンポイントで時間を指定してこないのだろう。


2011.10.02 分別

転居先は車一台停めるとすれ違いが困難なほど道幅が狭い。
狭いことはわかっていたのだが、いざ車を停めてみて唖然。
これはやはり台車を借りて地道に運び込むしかないが、
運び込みと同時に処分の作業もそれなりに難儀となる。
本や雑誌を資源ごみ用とBook-off用に分別して運び出す。
普段使わない筋肉を使って身体のあちこちが痛い。
・・・・・って、普段、使っている筋肉ってどこだ?


2011.10.03 落し穴

転居先が衛星放送とインターネットに対応していないらしい。
見てきたどこの物件もJ:comか光に対応していたので、ノーマークだった。
南南西の方向にアンテナ付けてCS放送受信の手続きを取るにも、
タイガースは弱いし、テレビで映画も見ないのでそれほど焦ることはないが、
ネットだけは早めにどこかのプロバイダと契約しなければならない。
駅近で、トイレ・風呂別。しかも風呂の追い焚きも可能なので密かに満足していたが、
思わぬところに落とし穴が待っていたもんだ。


2011.10.04 信号機トラブル

朝、通勤で使う東京メトロ副都心線が信号機トラブルでストップ。
西早稲田駅で「復旧には時間がかかります」のアナウンスを聞いて下車。
仕方なくJR高田馬場まで歩いて池袋まで行き、池袋から職場まで歩いた。
まったく、ただでさえ手運びの引越しでクタクタになっており、とんだ迷惑な話だ。
もともと副都心線は開通した時からトラブルの絶えない路線で、
並行して走る有楽町線が止まれば何故だか一緒に止まるし、
相互乗り入れの西武池袋線、東武東上線に不具合が生じても止まる。
計画では渋谷から先、東急東横線にも乗り入れるのだという。大丈夫か?
結局、午後18時の帰社時間になっても完全に復旧していなかった。
しかし地震や台風並みの運転見合わせになる信号機故障って一体何なんだろ。


2011.10.05 雨を恨む

夜中に粗大ごみとして出していたソファーやスチールハンガーが、
雨に叩かれて残骸と化した姿で玄関先に横たわっている。
使い込んで部屋の一部となっていたものに対し、やや仕打ちが過ぎないかと思いながら、
問答無用に予定を狂わせてくれた激しい雨を恨む。


2011.10.06 マッキントッシュ

引越し作業で押入れをさらっていたらマッキントッシュのG3ノートPCが出てきた。
今では考えられないくらいの重いマシンで、そういえばまだ処分していなかった。
取引先との共有が難しくなってWindowsマシンを買うまで、私は断然マック派だった。
マックのマシンは3台使った。こいつとともに何度となく夜を越えた。
携帯端末でアップルは市場を席巻し、マッキントッシュという言葉は聞かなくなった。
時代の寵児だったスティーブン・ジョブズの訃報とともに突然現れたG3ノートPC。
ふと処分するのが惜しくなって引越し先まで運んでしまった。


2011.10.07 ラジオのナイター中継

粗大ごみの持ち出し処分のため、実家から車を借りてカーラジオをつけて驚いた。
どの局もナイター中継をやっていないのだ。
いや大阪で開催されている阪神戦がないのはわかるが、巨人戦すらもやっていない。
地上波のテレビからナイターが消えてから久しいが、まさかラジオもまで・・・
若い頃、営業で車を乗りまくっていた時代はどの局でもナイターをやっていた。
当時の営業車はAMしか聴くことは出来なかったので、
巨人が勝っていて胸糞悪いときはNHK第二の「民謡百選」を流していたこともある。
いやはや時代も変わったものだ。


2011.10.08 6年前

今の住処に移り住んだと同時にオープンした中型のスーパーが閉店していた。
実は今回の物件探しでそのスーパーと隣接して、買い物至便がウリの部屋もあったのだ。
6年という歳月とはそこまでの時間なのだろうか。
確かに6年の蓄積で余計なものが増えた。それを分別して転居先にちんたら運ぶ毎日。
台車も借りた。市の環境センターに持ち込んでゴミとして処分もした。
明らかに体力の衰えを感じながら6年間の不始末もようやく終盤戦だ。
今、ネット環境がないので、ネカフェで一服しながらこれを書いている。


2011.10.09 青息吐息

ようやくすべての荷物を転居先に移した。
移したというだけなので、段ボールの山からとりあえず布団を敷くスペースを確保。
一体、線路を挟んで西と東を何往復したことだろう。
転居先までは近いのだが、踏切までのちょっとした距離が恨めしかった。
台車を引いて踏切を渡る際に線路に車輪にとられるのにも苦労した。
足がくたくたになり、ひどい筋肉痛にもなったが、体重が落ちないくらい食ってもいた。
荷物の整理はいつ終わるのだろう。
当分の間、段ボールを開ける気にもなれん。


2011.10.10 引き渡し

アラ探しに余念のない不動産屋に鍵を返してアパートを引き払った。
煙草のヤニで黄ばんだクロス。フローリングの焦がし跡。つっぱり棒で出来た窪み。
出会いもあれば別れもあり、仕事先も条理・不条理をひっくるめ三度も変わった。
原状復帰といっても6年住んだ傷跡はそこかしこにあるものだ。


2011.10.11 テレビにネットに

テレビのアンテナケーブルを加工し、何とか番組を見られるようになった。
インターネットもお試しでモバイル回線のWiMAXの端末を使って何とか繋がった。
しかしテレビは地上波のみで、モバイル回線はあまりにノロくて話にならない。
結局、パラボラアンテナを申込み、ADSLに加入することにした。
アンテナや回線の工事が行われるまでの何週間かは今の状態が続くことになる。
テレビやネットがなくても死ぬことはないが、生きにくくなったのは確かだ。
ここ数日の「世間からはぐれてしまった感」はそれなりに面白かったが。


2011.10.12 タイガース終戦

ここのところタイガースの中継を見られなかったこともあるが、
何となく遠くの方で秋風が立ち込めてきたのを感じる。
タイガースのVが消滅し、CS自力進出の可能性もなくなった。
一方で桜井広大などの生え抜きが戦力外通告。
それにしてもこの一気に訪れた喪失感は何としたものだろう。
いやはや萎えますなぁ~。


2011.10.13 米韓FTA締結へ

携帯を自宅に忘れたまま出勤してしまったので、
職場で取っている日経の夕刊を読みながら帰宅。
米韓が自由貿易協定に邁進している中で、
「置き去りとされる日本」の図式を紙面は訴えているようだ。
やはり大統領制の権限で政府が機能している国は強い。
さて日本はTPPへと舵を切れるのか。
年金支給68歳などと伏線を張り始めた今、
どう考えても選択の余地などないと思うのだが。


2011.10.14 Weeping in the rain ~雨に泣いている

負け続けていた神宮に落とし前をつけようと、早めに職場を上がったのだが、
今にも泣き出しそうな空にすっかり気分が萎えてしまった。
CSに進出できなければ監督解任という、まるでプロレスのようなシチュエーション。
昔、テレビ局が押し付けた「橋本真也、負けたら即引退スペシャル」のようだ。
結局、神宮はパスしてカラオケ屋で柳ジョージを歌いまくる。
神宮でも祭ばやしが聞こえたようだが、今夜はしっとりと雨に泣かせてもらった。


2011.10.15 落ち着かないと

風呂は追い焚きこそ出来るが、湯船が小さくて足が伸ばせない。
ネットはアンテナの立たないWiMAXのか細い電波を使っている状態。
ADSLの開通にはあと数週間はかかるというのが何とももどかしい。
シンクは水切りカゴを置くスペースがなく、無理して置くとまな板が使えない。
食器を使ったら、洗って拭いて仕舞うを繰り返せば問題はないのだろうが、
生来の無精者なので水切りカゴはそのまま食器の収納にしておきたい。
それにしても部屋が落ち着かないと、何をやっても中途半端で困る。


2011.10.16 また萎えた

ポケットティッシュを入れたまま洗濯機を回してしまい、
洗濯物にべったりと紙屑がついてしまう。
そしてタイガースの4位確定。
試合前に球団社長が真弓明信の解任を発表。
CSという制度は無理やりクライマックスを作るものだが、
監督の解任マジックってどんなプランなんだろ。
パリーグの3位争いは熾烈。西武ドームが超満員の観衆で埋まる。
一方、解任マジックを使い果たした甲子園は空席が目立つ。
すっかり野球にも萎えてしまった。


2011.10.17 1.63 KByte

WiMAXの頼りないネット出力が途切れながら外と繋がる。
外といっても自分のホームページ。
ホームといいながら自分のパソコンの中にはないし、何処にあるのかわかっていない。
こんなものを拠り所のひとつとしていいものなのかどうか。
最近、リアルに他人とぶつかっていない気がする。
ホームページはそれとして、そろそろ動くべぇかと思う秋の宵。


2011.10.18 落合博満、有終の美

一番練習したチームが優勝したのだから文句はないだろう。
何かと嫌われ者の落合ではあるが、実は個人的には嫌いではなかった。
今まで彼が作ってきた伝説をネットで拾うとこんなに面白い野球人はいない。
中日の野球がつまらないという風評は、袖にされてきたメディアが作ったもので、
実は落合の目指した野球を追いかけるとまったく違う面が見えてくるのではないか。
適材を適所に当てはめるために身を削り続けた苦労も半端ではなく、
この連覇は指揮官と選手との信頼関係が結集したものと素直に称えたいが、
それでも契約を切られるという孤高ぶりもまた落合らしいではないか。
阪神の監督になるのだけは勘弁してもらいたいが(苦笑)。


2011.10.19 映画『ツレがうつになりまして。』

スタッフロールに知っている名前がちらほらと。
そりゃ業界も長いのだから名前くらい残さねば浮かばれまいと思いつつ、
やっぱりネームがスクリーンに投影されているのは羨ましい。
積み重ねて来たんだもの。うん、なかなかいい仕事でした。


2011.10.20 なんも出来んな

どうもNTTの本人確認がうまくいかないようで、ADSLの開通は遠のくばかり。
今、騙し騙し使っているWiMAXのモバイルアダプターも返却期限が来た。
ベランダに衛星のパラボナアンテナをつけたものの、
「無料お試し期間中」の文字が画面を占領して、野球など観られるものではない。
ふと、ここには電話線も来ていないのではないかと疑心暗鬼になる。
「住めば都」という実感が早く降りて来てくれないかと、ひたすら待つのみか。


2011.10.21 和田豊でいいじゃねぇ

野球の中継が観られなくなった現実は現実としても、
今年はやけに消化試合が長く感じる。いや昔は夏前には消化試合だったか(苦笑)。
そこで取り沙汰されるのが真弓解任を受けての監督人事なのだが、
報道では梨田昌孝の名前が上がったり、和田豊の内部昇格が報じられたりと二転三転。
しかし日ハムはシーズン2位で乗り切って、これからCSに挑む渦中にある。
闘いを目前にした指揮官が他球団のオファーなど受けている場合なのか?
退任が決まっているとしても、検討すること自体が北海道のファンを馬鹿にした話だ。
しかもCS、日シリ、アジアシリーズへと勝ち進めば11月も終わってしまう。
私の中で梨田案は完全に×だ。


2011.10.22 遅すぎる

ベイスターズの売却先として名乗りを上げたDeNaとの交渉が大詰めに来たそうだ。
TBSは「モバゲー」と番組スポンサー契約を取り付けたいという大人の話も出た。
DeNaは「出会い系サイト」も運営しているとかで一部では反対論が出ている。
何よりも「少年たちの夢としてプロ野球」に対する理解と意志があるのかどうか。
三木谷会長ではないが、ポッと出の企業に対する危うさは誰もが感じていることだろう。
そして京急を筆頭に相鉄やミツウロコ、商工会議所などが連合で買収に名乗りを上げる。
ファンではない私も京急が出てきたときは「よっしゃ!」と思った。
しかし遅い、いかにも遅すぎる。


2011.10.23 まだ引越は終わらない

荷物の整理もほぼ目途がつき、繋がらないネットにイライラしながらも落ち着いてきた。
越してみていろいろと不具合が発生するもここで慣れなければいけないと思っている。
ところが住んでいたアパートからの原状回復の清算見積もりが来て驚く。
何と賃借人(つまり私)の負担金がTAX込みで10万以上の請求。
確かにフローリングに煙草の焼け焦げは作ったが、襖や網戸まで交換するという。
いや管理会社は次の店子を入れるのだから、それは綺麗に入れ換えればいいのだが、
なぜ全額がこちらの負担なのか。六年も住めば多少の経年変化もあるだろう。
国交省が「原状回復義務の定義」のガイドラインを示している。
「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人 の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること。」
そもそも2月から始まった防音工事のとき、まともな生活が出来なかった恨みがあり、
それがまったく勘案されていなかったことが一番頭にくる。
別にゴネ得を狙っているわけでもなく、金額の多寡よりも納得が欲しいのだ。


2011.10.24 そして野球は終わる

各リーグ4位以下のチームだけの話だが。
タイガースは最終戦を勝利で飾ったということで、シーズンを終えた。
最終成績は68勝70敗6分。最後まで5割の線上をさまよった。
結局、厳しさという点で上位3チームの後塵を拝したということか。
毎年のようにCS戦線には絡むが、ではCSがなかったとしたらどうだろう。
阪神タイガースが日本一に輝いたのはリーグ分裂後ただの一度きりなのだが、
それでも常勝チームなみの結果が求められる宿命にある。
同じ4位でCS進出がならなかったオリックスの岡田彰布には退陣の話など出ない。
目先の勝利にこだわるチームは、なかなか世代交代に踏み切れないものだが、
和田豊がどこまで重い宿題に答えを出すのか、来季まで長いオフを待ちたいと思う。


2011.10.25 アップアップ

15日間のお試しキャンペーンでWiMAXのアダプターを借りている。
名前と発送場所を誤魔化してこれで2回目のレンタルとなる(内緒)。
しかし、この「日めくり」をアップするのももどかしいほど遅い。
昔、500メガほどでマッキントッシュのパフォーマーを動かしていた頃を思い出す。
これも期限は来月の5日まで。ADSLの開通工事の報せはまだ届かず。
もういい加減、アップアップだ。


2011.10.26 符号

出勤電車の中でふと見上げると本の広告があり、「斎藤茂太」の名前が目に入る。
斎藤茂太といえば、確か斎藤茂吉の息子で北杜夫の兄貴か弟だったか?
ドクトルマンボウの北杜夫といえば『楡家の人々』が代表作だなと思い浮かべ、
あっそうか、彼は熱烈な阪神ファンだったことも思い出す。
そして昼休みに突然、北杜夫死去のニュースが飛び込んでくる。
うわっ何だろ。今まで北杜夫のことなど思い浮かべたこともなかったのに。


2011.10.27 悲喜交々

日本ハムは都内で編成会議を開き、東洋大の藤岡か明大の野村かの二者択一。
結局、競合の少ない野村の指名を確認したと今朝のスポーツ紙は報じていた。
蓋を開けてみれば東海大の菅野を強行指名。いやはや見事に巨人を欺いた。
早めに菅野指名を宣言していれば、読売グループは全力で潰しにかかっただろう。
ドラフト下位の選手では元不良少年あり、難病克服の選手ありと様々なドラマがある。
毎度のことながら父と子、母と子の泣かせる物語がてんこ盛りのドラフトだが、
多くの選手は今日で最良の野球人生を終えてしまうというのも現実だ。
明大の伊藤隼太を単独指名したタイガース。
本格的スラッガーのドラ1は何年振りだろう。
二度の震災を経験した聖光学院の歳内君の朴訥とした表情もよかった。
さあ記者会見で幾つのかの言葉を呑み込んだ菅野よ、迷わず北海道へ乗り込め。


2011.10.28 人権蹂躙?

原貢、つまり原辰徳の親父が日ハムから一度も挨拶がなかったのは、
菅野に対する「人権蹂躙」だとコメントしたらしい。
強行指名した日ハムに対して側面攻撃をしたつもりだろうが、ふざけたことをいう。
先に動けば、巨人があらゆる手を使って妨害工作に出ることは明白。
そうやって選手本人とは別に球団、大学と余計なしがらみが増幅され、
寄ってたかって本人の進路を本人だけのものではなくしていくという図式になる。
そういうことを「人権蹂躙」という。


2011.10.29 クライマックス・シリーズ

デーゲームの札幌ドームとナイターの神宮がスカパーで受信できた。
タイガースの出ないCSなどつまらん!と言い放ちたいところだが、
やっぱり野球好きの性か、大きな試合は観てしまう。
終盤に追いついた西武が延長戦で日本ハムから鮮やかな逆転勝ち。
もしかするとダルビッシュの日本最後のマウンドだったのかもしれない。
夜は夜でスワローズが見事に巨人から一勝をもぎ取った。
あのフジモンが同点打を放ったのが痛快。思わず溜飲が下る。
新生・和田タイガースよ、来年はこの舞台に立ってくれよと願うなり。


2011.10.30 先頭打者四球

かつて星野仙一が先頭打者を四球で歩かせると8割で失点するといった。
最初に聞いたときは、大袈裟なことを言うと思ったものだが、
昨日今日と4試合観てきて、あながち嘘ではないと思った。
梨田昌孝のチグハグな采配には殆んどやる気が感じられなかったが、
それにしても北海道のファンの温かさはどうしたものか。
阪神ファンから見ると奇跡に見える。


2011.10.31 長かった

まだ完全に荷物の整理はついていなくても新居にはすっかり馴染んだ。
旧住所でも郵便は転送されるように手配はしているのだが、
以前の住所が早くも懐かしく思える。
まだ今月の最初の一週間は向こうで寝泊まりしていたし、
タイガースはまだクライマックス進出のチャンスがあった(苦笑)。
何とも長く感じた10月だった。

a:1187 t:1 y:1

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional